検診に活用される最新の大腸の内視鏡技術

検診に活用される最新の大腸の内視鏡技術

近年、大腸の病気にかかる患者数が増えてきているというデータがあります。そのため、定期的に検診を受ける必要性を感じている人が増えているようですが、その検診に大腸内視鏡を導入する病院が増えています。従来、大腸の病気、特に悪性腫瘍を発見するのには、便潜血検査という検査が行われていました。患者の負担が少なく、悪性腫瘍に対しては絶対的な検査方法として長年使われてきました。一方で、大腸内視鏡検査は患者の負担やリスクが大きく、便潜血検査で異常が認められた患者が苦痛を伴いながら受ける検査であるとされてきました。しかし、研究により、便潜血検査では陰性となってしまう悪性腫瘍の存在が明らかになりました。そこで、検診の際に大腸内視鏡を用いることを提案する医師が出てきたのですが、あの苦痛とリスクを想像すると、検診だけなのに内視鏡なんてとんでもないという人たちがほとんどでした。

確かに、健康であることを確認するための検診が苦痛を伴うものであるなら、検診を受ける人の数自体が減少してしまうかもしれません。そうなれば大腸の病気の患者数はもっと増加してしまうでしょう。しかし、最新の大腸の内視鏡技術は飛躍的に進んでいて、患者の苦痛もリスクもほぼ無いに等しいものなのです。医療器具の改善が進んで、内視鏡自体も細く柔らかいものになりました。また、医師が行う内視鏡の挿入方法も変わり、無理やり押し込むのではなく、腸を引き寄せ伸ばしてから内視鏡を進めるので、患者が痛みを感じることはありません。以前であれば、検査室からうめき声が聞こえてくるとまで言われた大腸内視鏡検査ですが、今は麻酔や鎮静剤の必要もないほど楽に受けられるものになっています。とは言え、個人の性格や緊張の度合いにもよりますから、弱い麻酔や鎮静剤を用いる医師もいるようです。

内視鏡検査は、便潜血検査では発見できない小さな腫瘍まで見つけることができますし、早期発見・早期治療が大事なことはいつの時代でも同じです。人間ドックなどで大腸内視鏡検査を導入している病院も増えているようですが、負担がなく早期発見も可能な検査であれば、検診には便潜血検査ではなく内視鏡検査を使ってもらいたいと思います。最後に、内視鏡検査が負担のないものになったと言っても、やはり医師の技量によっては患者が苦痛を伴うこともあるようなので、医師には内視鏡の技術を磨くことをお願いしたいです。せっかく検診の方法に導入されても、医師の技量によって苦痛を味わってしまい、やはり大腸内視鏡は痛いものだと逆戻りしてしまうのは残念です。